車メーカーから走行距離が長く、クリーンなエコカーが発売された

車メーカーでは、色々なエコカーを発売しています。
ここ十年ほどに、車の基準が変更されて、エンジンの機能から、車の機能がとても良くなったのです。

ですから、排気ガスが少なくなり、空気を汚さない車が多くなったのです。

そうすると、温暖化を防ぐのです。

光化学スモッグが減り、空気がおいしくなります。
肺の病気の人にとっては、とても嬉しいのです。

ちょっとした事で、車を運転する人やメーカーの努力で、環境に嬉しいエコカーを開発できるんだと思うのです。

その車の多くは、葬興距離が飛躍的に伸びたのです。

一リッターあたりが、30キロという長い距離を走る車まで出てきました。
エンジンの性能が良くなると、少ないガソリンで小さく消費して、更にガソリンを何度も入れる必要が無くなったのです。


お財布にも優しいという車のメーカー会社では、近年は電気で走るというエコカーも多く開発されています。
そのエコカーは、家庭での電源のソケットから充電が簡単に出来るのです。

その車から、更に家電製品などを付けれるというのですから驚きです。

あるところでは、祭りの際に使う電源を、その車の電源からもらい、屋台を出したりしています。
かなりの明かりが付きます。
その車を開発するには、長年の努力があったのです。

中々、発売にいたれなかったのです。

充電する電池の開発がうまく進まなかったのです。

それ、ここ五年の間に、確実で簡単で、放電のほとんど無い車を開発したのです。

日本だけではなく、中国やインド、アメリカやドイツ、フランスでも、電気自動車を多く開発して発売しています。

メーカーが違うカーディーラーで欲しい中古車を買いました

中古車は欲しい車のメーカーのカーディーラーからの購入が安心だと聞いていましたが、うちの車は違うメーカーのカーディーラーの中古車センターから購入しました。
最初はその欲しい車は新車で購入するつもりでした。
今まで中古車を購入したことがなく、中古車を購入することは車に詳しくないせいもあって不安でした。
知人が車に詳しく、メーカーのカーディーラーの中古車販売なら保障も付き安心で、置いてある車も信頼できるのではと言うので少し気持ちが動きました。
それでも、新車を購入するつもりでいました。

夫が休みの日に欲しい新車を見に行くと、その車種は人気で納車にかなり日にちがかかることがわかりました。
展示してあると思って出かけたカーディーラーには展示がなく、どうしようかと一旦帰り、インターネットで調べていると、近所に中古車があることがわかりました。
展示がなかったことで見れなかった車を見に出かけようと、別のメーカーのカーディーラーの中古車センターに出かけました。
全く購入するつもりはなく、ただ車を見たいだけで行ったのですが、その中古車がとてもきれいな状態で半年しか乗っていない車ということですっかり気に入ってしまいました。
価格もそれほど安くはない点も逆に安心で、販売店が別のメーカーとはいえカーディーラーということも後押しになって購入を決めました。
冬タイヤのアルミホイールなどもメーカーの純正品を取り寄せてもらい、別なメーカーの中古車センターだからといって困ることもありませんでした。

最近のカーライフと自動車メーカーの方向性について

最近のカーライフと言いますと、やはりエコカーの存在を避けて通ることはできないのではないかと思います。
市販のハイブリッドカーも市場では当たり前の存在となり、近年、燃費や乗り心地などの性能においてもさらなる進化を遂げようとしています。
さらに電気自動車も市販されてしばらく経ちますが、街中で普通に走っている姿も珍しくなくなってきたように思います。
各自動車メーカーの方向性というものを見ておりますと、やはりこれからますますガソリンを使わずに、環境にも優しい自動車の時代へとシフトしてゆくのではないかと感じさせる動きが見え隠れしています。
さらにインターネットとカーナビの融合など、情報技術と自動車産業の協力によってより便利なシステムが開発される期待が持たれています。

やはり自動車というものは、乗っていて楽しいものではないといけないのではないかと思っています。
過去幾多のカーレースや市場で磨き上げられてきた技術ですが、安全で環境にもよく、性能も良いだけではなく、ひと目でとりこになってしまうような魅力のある自動車に出会いたいと思うことがあります。
これは電気自動車やハイブリッドカーの時代になっても、同じことが言えるのではないでしょうか。
一部では最先端をゆくようなスーパーカーや高級車の世界などもあり、常に世界中の人々を楽しませてくれています。
その人の価値観によってカーライフというのも千差万別ではあると思いますが、これからもより進化した自動車の世界に期待しています。

自動車メーカー、BMWがカーシェアリング開始

自動車メーカーのBMWが、カーシェアリングを開始するそうです。

1時間400円でレンタル出来るそうです。

まだ、実験段階のようですが、BMW好きには嬉しいニュースです。

高級車のBMWを購入するとなると、かなりハードルが高くなりますが、レンタル出来るとなると、気軽に利用する人は多いのではないでしょうか。

何しろ、都内でBMWを所有しても、駐車代やガソリン代などの維持費が高く付く割に、残念ながら、あまり車に乗る機会がありません。
通勤で利用している人は別ですが、そうでない人は、週末に乗る程度になってしまいます。

車は必要だけれど、乗る機会の少ない人にとって、カーシェアリングは、理想とする便利な方法ではないかと思います。
自分の憧れの車に乗ってみたいと願うのは、車好きならば誰しも思っている事だと思いますので、それが手軽に実現出来るのは、本当に喜ばしい事です。

また、車をシェアすると言うことは、当然、車検などのメンテナンス料を全く気にする必要もありません。
今はまだ、車種は限られているようですが、この試みが順調に成功すれば、色々な車種に乗る事も可能になるように思います。
そうなれば、BMWの購入を考えながら迷っている人の場合でも、お気に入りのBMWに実際に乗って遠出をしたり、高速を使って走ってみたり、街中を自在に走って、その乗り心地をしっかりと体感出来るのですから、迷いなど吹き飛んで、確信を持って購入に踏み切る人も、増えて来るように思います。

日本のメーカーのエコカー技術はすごい

少し前までは日本の自動車メーカーは世界を席巻していましたが、今は韓国や中国の会社の追い上げにあっています。
彼らの技術の進歩も素晴らしく、日本車の優位は揺らいでいるようにも見えます。

しかし、車の製造においても、その最先端技術においても、日本はまだほかの国にはまねができない技術をたくたん持っています。
その一つがハイブリッドシステムです。

日本の自動車メーカーはこの分野で最先端を走っているのです。


自動車産業においてここの所ずっと待望されている技術は燃料電池車です。

この開発に、世界中の自動車メーカーは巨額の投資を続けています。

しかし、いまだにどのメーカーも、販売可能価格帯での燃料電池車の生産に成功していません。
それだけ難しい技術であるということです。

そんな中で、日本のメーカーはハイブリッドカーを投入しました。
燃料電池車ほど完璧なエコロジーなシステムではありませんが、確実に二酸化炭素の排出量を大幅に減らせる技術なのです。


このハイブリッドの開発は、ある意味で日本が最も得意とする手法を用いています。
最先端技術ではなく、既にある技術を用いて課題を解決するという手法です。

この場合の課題は、CO2排出量の削減であり、化石燃料にあまりた頼らない車の開発です。

それを見事に達成したのです。

この例からもわかるように、日本の技術力は今でも世界のトップクラスなのです。

もっとこの事実を自覚し、自信を持ちましょう。
日本はまだまだ優れた国なのです。

自動車メーカーとしてのホンダ

自動車メーカーとしてのホンダは、もともと小さい町工場であったものを、本田宗一郎氏が一代で築き上げたものです。高い技術力により一流の企業となり、世界のホンダとなりましたが、その原動力はレースでした。レースには、二輪もありますが、ホンダは自動車レースで世界に名を馳せ、その力を世界に示しました。ホンダは、初期や後期には車体から製造するコンストラクターとして参戦していましたが、エンジンサプライヤーとして活動していた時代が一番輝いていました。
ホンダは自動車レースの最高峰F1に挑戦します。過酷な、極限の状況で行われるF1に参戦することで、エンジン開発などにおいて市販車に技術力を応用することができました。F1においては技術力もさることながら、技術者がレースの現場で育ち、ホンダスピリッツと呼ばれることになります。ホンダが冠されるのは何よりもエンジン音で、ホンダミュージックと称されます。ホンダのエンジンの12気筒エンジンの音は、サーキットに轟いていました。ホンダが全盛期を迎えていたのはイギリスの名門マクラーレンと組んでいた1988年でした。それまで組んでいたウィリアムズがネルソン・ピケとナイジェル・マンセルを擁していたのに対し、アラン・プロストとアイルトン・セナの二人でシーズンを戦い、16戦中15勝というエンジンメーカーとして最高の栄誉を勝ち取ります。その後、アイルトン・セナが移籍し、事故死したあたりからホンダもレースから手を引いていきます。経済情勢も相俟って、当面ホンダがレースに戻るには時間がかかるかもしれません。

Copyright 2014 コレで!通信費を大幅に削減できちゃうよ! · RSS Feed · ログイン

The Verbage Theme v2 by Organic Themes · WordPress Hosting

Organic Themes